アコムの歴史 〜創業・サラリーマン金融の開拓・無人契約機の革命

アコムは現在銀行の資本が入っていますが、その歴史は順風満帆とは言いがたいものでした。

 

創業・サラリーマン金融を開拓し、業界初の無人契約機、いわゆる「むじんくん」を作ったのもアコムです。さらには消費者金融として最もCMが有名なのもアコムではないでしょうか。

 

これだけ有名な消費者金融のアコムですが一般にはあまり知られていない歴史について解説します。

 

・アコムの歴史、実は呉服店

アコムの前進は丸糸呉服店という呉服店から始まっています。

 

呉服店と言うと、服を売る様な焦点です。

 

1936年の事で、この頃は呉服店の副業として金融業を営んでいました。

 

呉服店はお金持ちですから、他の人に貸す事が出来る余裕があったと思われます。

 

・アコムの歴史、サラリーマン金融に特化

呉服店からスタートしたアコムですが、その後質屋業を経ていち早くサラリーマン金融に特化していきます。

 

当時、無担保での融資というのは珍しく、銀行も個人への貸し出しは殆ど行なっていませんでした。

 

ライバル業者も居ましたが、それ以上のニーズがありアコムは業界トップクラスの規模へと成長していきます。

 

1993年には無人契約機『むじんくん』を開発し、確固たる業界の業界シェアを築いていきます。

 

・アコムの歴史、過払い金請求問題で銀行と資本提携

旺盛を極めていたアコムですが、過払い金請求問題でアコムの資産は大きく減少、倒産の危機を迎えます。

 

企業は利益をその期に株主へ配当として渡していますので、過払い金請求が後から発生すると返す原資はありません。

 

そこでアコムは三菱UFJの力を借りて、再建を果たします。

 

アコムはコンプライアンスを重視する企業であった為、銀行の支援を受ける事が出来ました。

 

こうして、アコムは現在の銀行系キャッシングとなった歴史があるのです。

 

アコムは呉服店から個人金融のトップクラスまで上り詰めた歴史があります。

 

使いやすいサービスを提供するのもアコムの特徴です。

 

なにより歴史があるということは信頼できる証と言えます。安心して利用できるからこそ、今でも利用し続けている方がたくさんいるということではないでしょうか。

 

歴史あるアコムでの安心できる借入を検討してみてください。

  • 2018/05/23 11:45:23