アコムでは安定した収入があっても審査に落ちるのでしょうか?

安定した収入があっても審査に落ちるのでしょうか?

 

毎月の安定した収入があっても審査に落ちる場合があります。それはすでに他の金融業者で借入れを行なっている場合です。
はじめて消費者金融を利用する方にはまったく関係のない話ですが、他社で限度額が一杯になって、他で借りる事ができたら、と考えた方だけが抱える心配です。

 

少しくらい借りているなら問題ありません。ですが多額の借入れがある場合は新規の借入れは大きく影響してきます。それは年収に関係してきます。

 

貸金業法というお金を貸す側にも借りる側にとっても避けて通れない法律があります。
その中でも「総量規制」というもので、消費者金融などの貸金業者側は利用する個人の年収の3分の1を超える金額を貸付てはいけないという重要な法律があります。
これはクレジットカードのキャッシング枠も含まれますが銀行のカードローンは含まれません。

 

この総量規制をふまえて、すでに他社の貸金業者で年収の3分の1を超える金額の借入があった場合はもうそれ以上借りる事が制限されるので、例え、安定した収入を証明できても、審査に落ちてしまいます。

 

また、年収の3分の1まで借りていないとしても、すでに5件の貸金業者からの借入がある場合も審査に落ちる事は間違いないです。月々の返済の種類が多いと支払いをうっかり忘れてしまうという危険があります。

 

すでに他社で借りていても、申し込みの際に申告しないで黙っていればバレないと思って、他社からの借入れ入力欄に0円としても、すぐにバレてしまう上に悪質と思われてしまうので気をつけましょう。また一度に複数の金融業者に申し込みを入れたこともバレてしまいます。

 

他社の借入れがなぜバレてしまうのか?

ほとんどすべての金融業者が情報共有しているところがあります。

 

それが「信用情報機関」です。
メインの3社で扱っている情報は少し異なりますが、ほとんど共有しています。
クレジットカード会社や信販会社の多い「CIC」や、消費者金融のほとんどが利用している「JICC
そして銀行や銀行関連のローンやクレジットカードが加盟している「全国銀行個人情報センター」になります。

 

審査の際にはそれぞれの信用情報機関で個人の利用履歴を確認できるので、他での借入がバレないと思って新規借入れをすることは不可能なんです。また、過去に金融事故があったとしても情報機関に問い合わせることで、そのトラブル情報も確認する事ができます。

 

消費者金融での過去の長期滞納などのトラブルを銀行の審査でもチェックしているという事です。

 

この個人情報は掲載期間が設けられており、5年経てば利用履歴は消えることになっています。ですから過去に問題があっても5年過ぎればまた新規申し込みが可能という事です。

 

こちらの信用情報機関の自分に関する情報は手数料は1000円ほどかかりますが確認する事ができます。クレジットカードを申し込む際などに事前にご自分の状態をチェックするのが良いでしょう。意外なことに携帯電話の支払いも影響してくるのでそのあたりも注視する必要があります。

 

金融事故とはどういったものなんでしょうか?

 

審査において信用情報が重要ということは先ほども記述しましたが、アコムも加盟している「信用情報機関」では、
どんな個人情報をチェックするのでしょうか?またどの程度の問題を金融事故と判断されるのでしょうか?

 

借入した金額を契約の通りに、毎月の決まった返済額を遅れることなく返していけば問題ないのですが、
滞納してしまうと記録に残ります。3ヶ月以上の滞納は事故として別扱いになります。

 

長期滞納者として信用情報機関に残ってしまうと、審査はかなり厳しくなります。

 

他には、
「債務整理」「強制解約」「代位弁済」などの履歴が残っていると審査はほぼ無理でしょう。
ここまでになると最長で10年間は履歴が残ります。

 

信用情報機関では履歴が保管される期間は決まっていますが、アコムを利用した履歴は消えることはなくずっと残ります。
アコムを過去に利用した事がある場合、10年経過して再びアコムに申し込むとなにかしらの影響は覚悟すべきですね。

  • 2017/03/23 22:14:23