スマートフォンで申込みも利用もできるアコム公式アプリ

スマートフォンで申込みも利用もできるアコムの公式アプリがオススメです!

・ スマートフォンをお持ちならいつでもどこからでもお申し込みや借り入れ返済などのご利用もアコムの公式アプリなら可能です!さらには申込み前でもいくつかのサービスが利用できるので申込みを迷っている方にはオススメです。

 

「ローン計算」

・ アコムのスマートフォンアプリではローン計算を利用することができます。返済のシミュレーションを計算で出してくれます。

 

・ 返済シミュレーションを利用する事で無理のない返済回数や月々の返済金額、そしてそれに伴う金利の掲載もシミュレートしてくれますので、借入れを行う前から、「いくら借りたらどれくらいの利息がつくのか」または「これくらいの金額ならどれくらいの期間で完済できるのか」というイメージを組み立てやすくなります。

 

・ いくら借りればどれくらいの期間を毎月どれくらいの金額ずつ返済していかなければならないのか。初めての方は想像もつかないと思います。実際には思っている以上に金利は高く付き、そして金利を多く支払っている時期も長いのです。ですがお金を借りる時は切羽詰まっていますから、そんなことを考えもしないで分割ローンを組んでしまいます。そしていつまでも支払いをしているという状態になってしまいます。

 

・ オススメなのは最初から分割をしなければならないほどの借り入れを行うのではなく、一括で完済できるくらいの額のキャッシングをするのが良いです。最初から少額借入で申し込みをするとメリットがいくつかありますが、審査がスムーズというものがあります。分割となると金利も高くついてしまいますし、その分消費者金融側も慎重になるので、通る審査も通らなくなるかもしれません。

 

「3秒診断」

・ アコムでは申込みに対して不安を感じている方に、たった3項目に答えるだけですぐに借入可能かを診断できる「3秒診断」のサービスがあります。本審査との大きな違いは、個人が特定される情報を入力すること無く借入可能化の診断をしてくれることです。

 

・ 「年齢」「年収」「カードローン他社お借入状況」の3つです。これに答えるだけですが、診断といっても本審査においても重要な3項目なので、ここで「借入れは厳しい」という診断結果が出てしまったら、ほぼ諦めたほうが良いでしょう。本審査に移行しなくても判断できるところです。

 

・ 例えば消費者金融を利用するには年齢制限があります。未成年の方は働いて収入があったとしても利用はできません。なので「年齢」を記入したところで未成年だと却下されます。

 

・ 「年収」に関しては、収入があるかないかだけの問題です。年収が低いからという理由で借りれないということはありません。ただ、もうひとつの「カードローン他社お借入状況」で「年収」が鍵になってきます。もし、すでに他の金融会社で借入れをしている場合は、申告が必要です。そこで影響してくるのが総量規制です。年収の3分の1までしか借入れはできないことが法律で決まっています。これは消費者金融に限られます。

 

・ もし他社での借り入れがあった場合は、年収の3分の1からその金額を差し引いた額までしか借入れを行うことが出来ません。よって年収の3分の1に相当する額をすでに借入れしている場合は、新規での借入れは不可能となります。

  • 2016/11/08 13:17:08