カードレスローンにある良い点と悪い点を解説

一般的なカードローンではカードが発行されます。

 

発行されたカードは自社ATMや提携ATMで利用できるようになりますが、中にはカードレスローンといったタイプもあります。

 

カードレスローンは文字通り、カードを発行しないローン商品です。通常ならカードを持つことが当たり前のように感じますが、最近ではネットの利用が主で財布から取り出すこともなければ、持ち歩くこともなくなってきました。最近では最初からカード不要というリクエストも来るようになってきました。

 

このカードレスローンにはどんな良い点・悪い点があるのかこれから説明していきます。

 

〇 カードレスローンの良い点

カードレスローンではインターネットに接続できるパソコンやスマートフォンなどで借入の手続きを行います。

 

その後は金融機関の口座に振込みするといった流れになります。

 

インターネットだから24時間いつでも借入の申し込みができます。

 

手続きした時間によっては最短数分で振込されるため、急ぎで借入したい時に便利です。

 

カードが発行される場合、自宅に郵送で届きます。

 

家族に知られたくない場合は困る事がありますが、カードレスローンならそんな時でも安心です。

 

WEBで利用明細の確認もできるため、利用明細を家族に見られる心配も少なくなっています。

 

カードを紛失してしまうと悪用される恐れがあります。

 

暗証番号が推測されやすい単純なものを設定しておくと危険です。

 

しかしカードじたいが発行されないカードレスローンなら紛失する事も、盗難に合う事もありません。

 

〇 カードレスローンの悪い点

カードレスローンではカードが無いために最寄りのATMにて借入や返済する事ができません。

 

金融機関の口座によっては即日振込できるのは平日の14時50分までという場合があります。

 

平日14時50分過ぎ、土日祝では翌営業日に振込まれるため、急ぎの時は注意が必要です。

 

振込して貰う時は会員サービスにログインして手続きする事が必要です。

 

IDやパスワードを忘れてしまうとログインできなくなるため、きちんと管理しておいて下さい。

 

カードレスローンによってはオンラインバンキングが必要です。

 

オンラインバンキング未契約だと利用できない事があります。

 

〇 まとめ

カードレスローンの良い点・悪い点を説明してきましたが如何でしたか。

 

オンラインバンキングのメンテナンス中も手続きできないため、いつ実施されるのか事前に調べておいて下さい。

 

中には電話で手続きできるカードレスローンもありますが、電話の場合は受付時間内となっています。

  • 2018/03/25 17:18:25