アコムと三菱東京UFJバンクイックのカードローンの違いはなんでしょう?

消費者金融アコムもバンクイックも東京三菱UFJ銀行グループとなってるので、両社のカードローンにはどのような違いがあるんだろう?

と思われる方も多いようです。

 

事実上、アコムは、バンクイックのカードローンの保証会社となっており、バンクイックで行われる審査では、銀行での審査とアコムが行う審査が実施される流れになります。

 

例えば他にも三井住友銀行カードローンの場合、SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)が保証会社になるといった具合です。

 

このように一般的に銀行としては、銀行系信用情報機関機関を参照し、アコム等の消費者金融は、信販系情報機関機関と消費者金融系情報機関の2つのデータを用い、全ての情報機関を審査するようになっています。

 

一言でいうなら、当然アコムの審査の方がスピードも早いので急いで借りたい時でも便利なうえに、審査に通りやすい傾向にありますが、その分バンクイックよりは借入利率は高め、一方のバンクイックは審査には通りやすいが利息も低く、総量規制対象外となるので年収の三分の一まで既に借り入れしてる人にはまだ借りれる金融として魅力的です。

 

どちらもカードローンの機能としては大きな違いはなく、利率と総量規制対象外かどうか、が大きな違いと言えるでしょう。

 

そしてよくある質問なのですが、既にもうアコムで借り入れをしていて、増額借り入れ審査をしてみたら増額審査に落ちた、そのような場合はバンクイックに申し込みしても審査に通らないのですか?というお悩みです。

 

増額を断られる理由は人それぞれ全く違うので一概には言えませんが、審査に落ちた履歴は残ってしまうので、その後借り入れを申し込みしても落ちる可能性は大きいといえます。

 

また、他社でも短期間のうちに何社もカードローン申し込みをすれば「申し込みブラック」という判定がつき、半年以上は借り入れが難しくなるので要注意です。

  • 2017/03/12 15:49:12