カードローンとキャッシング、クレジットカードのキャッシング、違いは?

お金を自由に借りることができる手段としてカードローンは便利な存在です。

では一体カードローンとキャッシングはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

一言でいうなら、カードローンはリボルビング払いで定額の返済となり、キャッシングは翌月一括返済というイメージになります。
カードローンであれば引き落とされる金額は、借り入れ残高によってスライドしますが大体定額返済なので、計画的に利用できるので生活にも負担が少なくなりますが、その分だけ金利も高くなります。

 

一方のキャッシングは短期で少額を借りる方が多いようです。翌月に一括返済しなくていはいけませんから、大口融資の場合は厳しい場合が多いかと思います。

 

自分の状況に応じて返済しやすい方を選ぶと良いでしょう。

 

そして注意したいのが、クレジットカードのキャッシング

新規でカードローンを申し込むよりも、今使っているクレジットカードのキャッシング枠を使う方が安心感もあり、審査もないので便利な気がしますが、実はクレジットカードのキャッシング枠は金利が高い場合が多いです。

 

例えばカードローンの場合、借入額により金利も多少は変わりますが、およそ4〜18%で、クレジットカードのキャッシング枠は金利が18%で固定の金融が多いですから要注意です。

 

ちなみにクレジットカードのキャッシングは「お金を借りること」なので、消費者金融での借入と同様に貸金業法の総量規制の対象です。

 

つまり、消費者金融などのカードローンを利用する際には、クレジットカードのキャッシング枠が邪魔をすることがあります。

 

クレジットカードで買い物をする、いわゆるショッピング枠の利用は総量規制の対象外なのでいくら使っていても影響はありませんが、キャッシング枠はそうはなりません。

 

年収の3分の1までしか利用できない【総量規制】で決まっていることで、例えば、年収300万円の人は、他にカードローンなどの契約がなければ最大100万円までの融資限度額を設定できます。

 

しかし、すでに契約したクレジットカードでキャッシング枠が30万円あると、最大70万円しか借ることができないのです。

 

カードローンもクレジットカードのキャッシングサービスもローンであることは同じです。

 

新規でキャッシングの申込みを行う際に、ほとんどの金融業者が利用している信用情報機関があります。審査を行う場合、ほぼ間違いなくここに申込者個人の情報を問い合わせます。

 

ですので過去のキャッシング、クレジットカードの利用履歴はすべて把握されています。誤魔化すことはできません。

 

すでに他社でお金を借りている事実はすぐに知られてしまいます。また、過去にキャッシングをしていてすでに完済している情報も残っています。ただ情報は5年経過すると消えます。

  • 2017/03/16 01:23:16