カードローンを利用する人の利用目的と平均借入額は?

他の人がカードローンを利用する目的や平均借入額に興味がありませんか。

 

自分が消費者金融を申し込みするかどうか迷っている方は、決め手のひとつになるかもしれませんし、さらには他の人の目的、平均借入額を把握することは自己の状況分析にもつながります。

 

カードローンを利用する人の利用目的や平均借入額について解説します。

 

・利用目的で圧倒的に多いのは娯楽と生活費

利用目的として上位2つに来るのは娯楽と生活費です。

 

この2つで全体の90%を超える利用目的の割合になっているので、ほとんどの人の利用目的はこの娯楽か生活資金と言えるでしょう。

 

娯楽にはパチンコ代とかギャンブルがメインで入っている気がしますが、旅行の費用なども含まれます。あとは結婚式に出席するために少額の借り入れから、結婚費用の補充のための高額融資まであります。

 

年収が低い人ほど生活費で借りる割合が増えていきます。毎月の収入がギリギリだということになります。

 

・平均借入額で一番多いのは10万円未満

10万円未満の借入額は6割とされています。

 

意外に平均借入額は少ない印象を抱えるのではないでしょうか。

 

ほとんどの人がちょっとした飲み会など、お小遣い返せる範囲でしか使っていない計画的な使い方をしているようです。

 

・平均借入額を50万円以上借りている人

平均借入額が50万円を超えている人の割合は11パーセントです。

 

内3.3%は平均借入額が100万円を超えています。

 

今借入額が100万円以上ある人は、かなり少数派の部類に入るので反省すべきでしょう。

 

返済計画を立てて、なるべく早く返済してください。

 

他の人の利用目的と平均借入額は中々興味深いものだったと思います。

 

参考にしていただき、今後の借入や返済に役立ててください。

  • 2018/11/10 21:51:10