夫婦や親子など家族の借金、自分にも返済義務があるの?

夫婦の間柄で、夫や妻が勝手に借金した、もしくは親子の間柄で子供が勝手に借金したなど、身内である家族が借金して返せないなどよくないケースがあるかと思います。

 

そんな時に自分に返済義務があるのか心配になります。身内の借金を知らないまま、突然返済義務が降り掛かってくるとなると大変なことです。実際はどうなんでしょうか?

 

夫婦や親子の借金の返済義務について解説します。

 

・親子の借金は返済義務なし

親子と言っても子供が成人しており、きちんと契約を結んでいるのであれば返済の義務は存在しません。

 

連帯保証人になっていたなど特別なケースがあるなら別ですが、連帯保証人になるような借金は奨学金などのレアケースになると思います。

 

普通のカードローンや消費者金融では、親子の関係でどちらかが滞納していても、どちらかが返済する義務が発生することはありえません。

 

逆に『息子さんの借金なのだから親が返してください』などと言うと、貸金業者側が違法行為になりますので、返す必要はないでしょう。

 

・夫婦の借金は返さなければいけない

夫婦の借金は、親子の借金と違う部分があります。

 

それは、夫婦の資産は共有財産とみなされる点です。

 

借金が資産というとちょっとおかしいですが、負の資産といわれ借金も資産としてカウントされます。

 

妻が勝手に借金をしたと言っても、夫に十分な資産がある場合は返済する義務が発生します。

 

ただし、夫が委任状を書いた、借金をすることに同意したなど行っていない場合は、貸金業者側の不手際としてまぬがれる場合があります。

 

貸金業者は回収したいが為に、夫婦や親子など取れるところから取ろうとします。

 

キチンとした知識を付け、返済義務がないなら返済しないようにしてください。

  • 2017/12/25 18:45:25