全国銀行個人信用情報センター(JBA)って?

全国銀行個人信用情報センター(JBA)という信用情報機関をご存知でしょうか。

 

JBAはJICC・CICと比べるとあまり聞かれませんが、日本の三大信用情報機関の一つです。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)について解説します。

 

・全国銀行個人信用情報センター(JBA)は銀行が資本を出して設立された信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター(JBA)は銀行が資本を出して設立された信用情報機関です。

 

JBAの会員もそのため、銀行や信用金庫が多くなっています。

 

クレジットカード会社やキャッシング会社はCIC,JICC、または両方の会員になっていることが多く、全国銀行個人信用情報センター(JBA)の会員にはなっていません。

 

そのため、全国銀行個人信用情報センター(JBA)に情報開示をしても、クレジットカードの情報や消費者金融からのキャッシングの情報は出てこない事になります。

 

但し、長期延滞などして異動情報として記録されると、信用情報機関同士の情報提供の仕組みを介して、全国銀行個人信用情報センター(JBA)にも情報が共有されます。

 

・法的整理の保存期間が長い

自己破産などの法的整理を行った場合、CIC・JICCは5年間経つと情報が更新され、消去されます。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)も同じ期間で消えるのかと言うと、全国銀行個人信用情報センター(JBA)だけ法的整理を行った時の情報が10年間保管されます。

 

そのため自己破産をした後、5年後にはクレジットカードやキャッシングカードが作れますが、住宅ローンや銀行カードローンは全国銀行個人信用情報センター(JBA)の情報が邪魔をして10年間組むことが出来なくなるといった違いがあります。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)の情報は銀行からの借り入れが中心となり限られていますが、一部の情報だけ豊富だったりします。

 

自身の信用情報を調べたい場合、CIC、JICCの他に全国銀行個人信用情報センター(JBA)も取り寄せるとより完璧になりますので、是非取り寄せてみてください。

  • 2018/02/04 17:05:04