ブラックリスト事故情報はどれくらいの期間で消える?

ブラックリストの事故情報はどの位の期間で消えるか気になりませんか。

 

もちろん、普通に問題なく利用していれば、載ってはいけないリストに履歴が残ることはありません。しかし、新規で申込みを考えている方の中には過去の金融トラブルが今でも影響があるのかを知りたいと思います。そしていつが時効なのかを知りたいのではないでしょうか。

 

ブラックリストの事故情報が消える期間について解説します。

 

・ブラックリストは5年間、もしくは10年間で消える

ブラックリストの情報を取り扱っている信用情報機関はCIC、JICC、KSCの三社日本に存在しています。

 

その内CIC,JICCの2社は5年間しかデータを持たなく、KSCは10年間データを持ちます。

 

・クレジットカード会社・消費者金融は5年間でカードが作れるようになる

KSCには10年間データが残りますが、クレジットカード会社と消費者金融はKSCの会員になっていません。

 

つまり、ブラックリストの登録から5年程度経てば情報が消えるため、それ以降カードが作れるようになります。

 

銀行はKSCの会員になっているため、10年間ブラックリスト情報を把握される可能性が高くなります。

 

住宅ローンや銀行カードローンは10年間、通らないと思ってもいいでしょう。

・ブラックリスト情報でも融資してくれる業者は?

ブラックリスト情報が記録されていると、ほとんどのキャッシング業者やクレジットカード会社の審査には通らなくなると思われがちですが、全ての業者で審査に通らなくなるわけでは有りません。

 

例えば地方の中小消費者金融の中には、ブラックリストに載っていても融資をする場合があります。

 

地方の消費者金融は顧客基盤が脆弱なため、少々の延滞等の記録でブラックリストに載っているのであれば、大目に見てくれる場合があるわけです。

 

ブラックリストの情報は簡単には消えません。

 

なるべくブラックリスト情報が記録されないように、キチンとした返済を心がけるようにして下さい。

  • 2018/01/30 14:58:30