女性と男性でカードローンの借り入れ審査に影響はある?

女性、男性の性別の違いでカードローンの借入審査に影響はあるのでしょうか。

 

以前は借金をするのは男性の方が多いイメージがありましたが、最近では女性専用のカードローンがあるように、女性の利用者も増えました。

 

女性と男性の性別によるカードローン審査の影響度合いについて解説します。

 

・何となくのイメージは男性の方が不真面目そう

世間では医学部試験で女性の方が点数を高く取れてしまうので、男性と比べ点数を下げるというような事が行われています。

 

一般的には男性の方が不真面目で勉強しないので、カードローンもちゃんと返済しないような印象です。

 

ギャンブルとかにはまるのも男性の方が割合は多くなります。

 

・女性の方が収入が低いし病気になりがち

真面目な女性ですが、一方で男性に比べて収入が低く、精神的に弱く病気になりやすいといった悪い点も持ち合わせています。

 

特に鬱病などの深刻な精神病になる割合は、男性より女性の方が圧倒的に多いです。

 

病気で退職すると、カードローンの返済は滞ることになります。

 

・結論は男性も女性も審査に差はない

このように、男性も女性も一長一短があるので、審査において性別による加点減点は行われません。

 

酷い話ですが女性は最後、性風俗店に行けば返せると思いがちですが、現在の貸金業者はクリーンなのでそんな事を見越して貸し出しは行わないのです。

 

性別による審査の影響は皆無と言っていいでしょう。

 

男性も女性も審査には性別による影響無いと言って良いでしょう。

 

男女とも働いているのであれば収入があるということで問題ありません。あるとしたらどちらが扶養であるかどうかだけです。

 

審査に落ちた時はただの実力不足になります。

 

審査の基準で最も重要視されると言われる「勤続年数」に関して言えば、男性のほうが有利かもしれません。しかし同じ職場で長く働いている女性が最初から金利を優遇された話もあります。

 

諦めて、審査に通過するように状態を良くしましょう。

  • 2018/10/18 15:38:18