カードローンの審査における家族構成の関係性とは?

消費者金融の審査で家族構成が問われる理由を知っていますか?

消費者金融から融資を受けるための申し込み書類で家族構成を記入する欄がありますよね。

 

たいていの人は、何かの入り用でお金を借りようとするときには家族から内密に借りることがほとんどです。

 

どうして家族構成が必要になるのか。融資の申し込み書にある家族構成記入欄は、申し込みをする際には記入する必要性が出てきます。

 

構成によっては審査に通らないのではないかと心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは、融資の金額などよりも返済の面を考慮しています。

 

万が一に返済を滞納された時、回収できる可能性を見極めるために、家族構成を把握しておく必要があり、消費者金融側の念押しの確認となるのです。

 

消費者金融の家族構成の審査基準。消費者金融の審査においてどのような判断基準で家族構成をみるのでしょうか。まず、同居している家族がいるのかどうかという点が見られます。

 

消費者金融の評価としては、同居している家族がいる方が高い評価になります。

 

それは、返済が滞り逃げ出される可能性を考えたときに、一人暮らしよりも家族と同居している人の方が困難な状況であることや、同居している家族がいる方が返済できる確率が高いとされているからです。

 

とは言っても、現代では返済滞納を理由に夜逃げをしようという人は少なくなっているので、この要因よりも、同居人がいることで本人の代わりに返済してもらえることがあるという点の方が大きいでしょう。

 

借入した人が学生の場合には、返済が難しくなったときに親が代わりに返済をするということもあります。

 

そういったことから、消費者金融側としては、同居している家族がいる方が安心なのでしょう。

 

一人暮らしだと審査の評価が低くなる?消費者金融の審査で、同居している家族が表が高いのなら、一人暮らしの場合には低い評価になるのでしょうか。

 

実際には、そんなに気にとめる必要性はないようです。

 

とはいっても、同居人がいる人と一人暮らしの人と比較したときには、消費者金融の審査評価に多少の違いはでてきますが、その事が原因で審査に落ちるということは、ほとんどありません。

 

重要視される部分は、家族構成など埋める必要性のある記入欄を確実に埋めているかどうか、また、事実との相違がないかどうかです。

 

審査で大きく左右されることではありませんが、消費者金融の審査の申し込みで記入を求められている部分であるということは肝に命じておきましょう。

  • 2017/04/15 18:19:15