子どもの進学や教育費に利用できるカードローン!

子供の進学や教育費は家計を預かる身としては頭の痛い所だと思います。

 

最近では塾費用も当たり前のようになってきています。

 

そんな時は銀行を中心としたカードローンを頼ってみてはいかがでしょうか?銀行だけでなく信用金庫や信託銀行も。

 

進学や教育費になぜカードローンなのかについて解説します。

 

・奨学金の金利は安いが子供に負担

奨学金は就職をした後、将来支払わなくてはいけないお金です。

 

大人は200?300万円のお金なんて真面目に働けば直ぐ返済できると軽く見ていますが、学生の子供からみると大きな負担に見えるものです。

 

近年では奨学金を借りている子供が将来の不安を感じ、普通のアルバイトでは追いつかないので性産業のバイトをするなど社会問題化しています。

 

子供の教育費を出すのは大人の役割として、教育費が足りないのであればカードローンなどの検討を考えるようにして下さい。

 

・教育ローンはどこまでカバーしてくれる?

教育ローンはただ入学金や授業料をカバーするだけではありません。それ以外にも細やかなサポートがあります。

 

ローンを組めたとしても、他にも様々な出費が考えられますが、すべて教育ローンの中に含まれているので助かりますね。

 

受験費用、制服や教材費、通学定期代、資格費用からなんと留学費用、そして下宿費用まで。

 

最初に一気に借りるタイプよりも、必要なタイミングでその都度借りることで、無駄な金利を負担することがないように考えられています。

・カードローンの金利も現代はリーズナブル

カードローンに抵抗がある人は、金利が高すぎて支払えないといったイメージを持っているかと思いますが、現代では銀行カードローンを中心に低い利率で借りる事が出来ます。

 

銀行や国の教育ローンを利用する手も有効です。

 

支払い期間も5年と長期化させる事が可能ですので、奨学金を借りずにカードローンから借りて返済する事は難しくはないでしょう。

 

奨学金は便利ですが、子供が将来の不安を感じたり、バイトをし過ぎて単位が取れず、留年したりと逆効果の現象も多く見られます。

 

カードローンで資金を借り、早めに返せば奨学金を20年間で返すより得する事は出来るでしょう。

 

  • 2017/11/06 12:10:06