年金受給者でも消費者金融のカードローン・キャッシングはできる?

突発的な支出から消費者金融を頼りたくなるのは現役世代も年金受給者の方も一緒でしょう。

 

年金受給者の方でもカードローン・キャッシングが可能かについて解説します。

 

・70歳以下なら銀行カードローンを探す

銀行カードローンの場合、規制と法律がありませんので年金受給者の方でも借りることが出来ます。

 

ただし、銀行内のカードローン規定には62歳〜70歳の年齢上限が定められていることがあります。

 

70歳以下の方は各銀行の規定を見比べ、年金受給者でもオーケーの会社を探してみましょう。

 

消費者金融の中にも年齢制限はあるものの、年金受給者の方にも貸してくれる事業者は存在します。

 

合わせて探してみるといいでしょう。

・70歳以上の場合、民間業者以外も検討に

70歳以上で年金以外収入が無い年金受給者の場合は融資をしてくれる先が極端に少なくなります。

 

無理に事業者を探そうとすると闇金に当たってしまう可能性もあるためお勧めできません。

 

70歳以上の年金受給者の方で借入を行いたい場合は、公的な機関を頼ってみるといいでしょう。

 

「独立行政法人福祉医療機構」「日本政策金融公庫 」の2つは年金を担保に融資審査を行ってくれます。

 

持ち家のひとなら、家を売却して、家賃を払い住み続ける『リースバック』といった制度もあります。

 

まとまった資金が必要な場合は検討にいれるといいでしょう。

 

年金受給者の方は闇金に申し込まないよう、ポイントを掴み、上手に借入を行ってください。

  • 2017/10/22 15:01:22