リボ払いとカードローンとの違いは?どちらがお得なの?

ショッピングリボ払いとカードローン、どちらも似たような仕組みですから違いが判らなくなりますね。

 

リボ払いとカードローンの違いと、どちらがお得なのかについて解説します。

 

・リボ払いはショッピングの分割払いの新しい形態

リボ払いと呼ぶと、主にクレジットカードでショッピングをした際の分割払いの一種となる支払い方をリボ払いと呼びます。

 

現在のクレジットカードの分割払いは昔ながらの24回払いという事は少なく、リボ払いとして毎月一定額を支払っていく形が主流です。

 

カードローンの場合は、一度現金を借りてから商品を購入する形になります。

 

・クレジットカードのリボ払いとカードローンどちらが得か

金利差だけでいうと、クレジットカードによりリボ払いは月利1.25%(年利おおよそ15%)が主流です。

 

消費者金融から借りた場合、金利は18%になりますが、銀行カードローンから借りる事が出来れば10%近い事もありますので、金利面では審査に通るローンの種類によって得か損かわかれるところでしょう。

 

クレジットカードのショッピングリボ払いは何時でも使う事ができて、手軽と言う面もあります。

 

大きな金額の商品を長期間にわけて返すつもりであるなら銀行カードローン、短期間で金額も大きくないならショッピングのリボ払いと使い分ける方が賢い使い方の様です。

 

リボ払いとカードローン、どちらも長短がありますので各々の状況に合わせ使い分けるようにして下さい。

  • 2017/09/28 18:16:28