借金にも時効あり!借金の踏み倒しが成立する条件とは?

借金の時効についてご存知ですか ?

 

借金が時効を迎え、借金の踏み倒しが成立するには条件が必要になります。

 

借金の時効と、踏み倒しが成立する条件について解説します。

 

この記事の内容は消費者金融を利用されている方には決してオススメしない内容です。参考程度くらいで読んでいただきたい記事です。

・借金の時効は10年

貸金業者からの借金の時効は5年とされていますが、貸金業者は回収のプロですので、時効をストップさせる法的手段を必ず使ってきます。

 

借金の時効は10年間とみておくといいでしょう。

 

借金は時効を迎えてもそのままでは踏み倒す事ができません。

 

・時効の援用をもってはじめて踏み倒せる

借金を最終返済日から10年間支払わなかったのであれば、時効の援用を使う事により借金を踏み倒す事ができます。

 

時効の援用とは、『借金は時効を迎えているはずですので、払う必要が無いはず』というのを文章で相手方に確認する必要があります。

 

時効の援用を行って、初めて借金の踏み倒しが完了です。

 

・借金の踏み倒しは楽じゃない

借金の時効を迎えるためには、10年間逃げ回らなければいけなくなります。

 

当然就職をして、債権者にそのことがわかると差し押さえの手続きをとられてしまいますので、住所や職場は制限されることになります。

 

10年間逃げ回るなら、債務整理を行った方が気分的には楽でしょう。

 

借金の踏み倒しは時効の援用を以てして初めて有効になります。

 

時効の援用は期間が重要ですので、勘違いしないように気を付けて行うようにしましょう。

  • 2018/03/16 15:53:16