消費者金融の審査で利用する信用情報機関とは?

アコムなどの消費者金融に申込むと同時に審査が行われます。審査は早いもので30分で結果が出るようになっています。

なぜそんなに早いのでしょうか?
大手のアコムをはじめほとんどの消費者金融では自社で審査を行っているので申込みから審査結果までが早いのです。審査する基準も決まっています。結論を出すまで判断が早いのです。

 

また、審査で決めることは、お金を融資して良いか、良くないか、という判断だけでなく、融資OKなら幾らまで融資が可能か、逆に幾らまでなら融資をOKにするか等。

 

【年齢制限はクリアしているか?】
申込み本人の情報を精査していきます。運転免許証や健康保険証などを画像変換して送ることですぐに担当者に届いて審査がスムーズに進みます。こういうところも審査がスムーズに行われるようになった要因のひとつです。

 

【すでに他社で借入れをしている場合、それは幾らになるのか?】
この時点で、消費者金融が行うのは、JICCやCICなどの信用情報機関への個人データの照会です。過去に消費者金融やクレジットカードなどを利用していれば、月々の返済記録などの履歴が残っています。もし自己申告で他社からの借金はゼロだと言っても、問い合わせれば借金の有無はすぐに判明します。

 

正直に言っておいたほうが間違いないでしょう。他社からの借り入れがあったとしても、年収の3分の1を超えない額であれば、借入れの可能性は充分にあります。ですが、虚偽の報告をしてしまうことで、借りれるものも借りれなくなります。

 

例え、年収の3分の1ギリギリか少しオーバーするくらいの金額の借入れ額が他社にあったとしたら、「おまとめローン」の相談もできます。おまとめローンを行っている消費者金融は意外とあります。アコムも「借換え専用ローン」という商品を用意しています。ですので、他社からの借り入れがあった場合は、すぐにバレるので正直に相談してみるのが良いでしょう。

 

JICCやCICなどの信用情報機関ではどんな個人データを扱っているのでしょうか?

5年以内の消費者金融の利用履歴、返済状況、完済情報など。または、6ヶ月以内の、消費者金融への申込み履歴。そして、意外にも携帯電話の支払状況などもデータとして残っています。

 

なぜ、携帯電話の支払いも?

と、不思議に思われるかもしれませんが、スマートフォンなどの機械本体を分割で支払っている事が多いです。月々の通話料以外に本体機器が2年間のローンとして支払いをしています。もちろん本体代金を一括で支払う方もいらっしゃいます。そういう方は信用情報機関には残りません。

 

「多重申込」の履歴も扱っています

信用情報機関では、申込みをした情報も履歴として残ります。「申込みブラック」とも呼ばれています。ですので、一度に複数の申し込みをした場合などはペナルティの扱いとなり、その履歴をチェックされてしまえば、新規の申込みは厳しくなります。複数の申し込みを一度に行うような方は不正を疑われる場合もあります。

 

アコムなど消費者金融の審査で利用する信用情報機関について記事一覧

信用情報機関でわかる申込み本人の信頼度

信用情報というのは普段は縁の無いものですが、ローンやクレジットカード、またはキャッシングなどを利用する際にはとても重要なものになります。要するにお金が関わってくるもので、すべて【信用取引】と称され、社会は様々な信用取引に溢れていると言っても過言ではありません。自力でお金を稼いで、自力で生活をしていく...

» 続きを読む