信用取引は信用情報ですべて判断されます。

信用情報というのは普段は縁の無いものですが、ローンやクレジットカード、またはキャッシングなどを利用する際にはとても重要なものになります。

 

要するにお金が関わってくるもので、すべて【信用取引】と称され、社会は様々な信用取引に溢れていると言っても過言ではありません。

 

自力でお金を稼いで、自力で生活をしていく場合ほとんどと言って良い程、信用の上に成り立って取引をしています。

 

クレジットカード、住宅ローン、自動車ローン、ショッピングローン、そして携帯電話のローン、さらには賃貸に至るまで。

 

これらすべてにおいて、利用するには審査が必要です。

 

そしてその審査には信用情報がとても重要なんです。

 

信用とはどうやって得られるのでしょうか?

ただその人に会って「信じてください!」と言われても、その言葉だけを信じてお金を貸すわけにはいきません。

 

そのためにキャッシングやカードローン、クレジットカードや銀行のローンには審査があります。

 

お金を貸す側が重要視している審査のポイントをいくつかあげてみましょう。

 

@ 毎月お金を返す余裕があるかどうか。
A 最後まで支払いを続ける責任感はあるか。
B 返済途中で環境が変わって支払いが滞るようなことが起こりやすいか。

 

最大の信用ポイントは「働いて収入がある」という事になります。

 

審査で最も重要であり、審査の最終段階で確かめるのが申告のあった勤務先に在籍しているか否か、です。

 

そのために在籍確認の電話連絡が重要視されます。

 

働いている事が確認できれば、毎月の収入は約束されていますから、毎月の返済も問題ないと判断されます。

 

ただ働いている事がわかっても、例えば年収の額や、他の金融関連の返済が負担になっていないか、というところも確かめる必要があるかもしれません。

 

年収によっては毎月の収入と返済のバランスが取れていないと、必ず返済が追いつかない事態が起こります。

 

収入に対して返済額が多い場合は必ずバランスが崩れます。収入が少ない場合、またはローン返済がすでに毎月の負担になっている場合などです。

 

そして次に信用情報機関の履歴で判断する信頼度です。

 

信用情報機関で過去の利用状況を確かめる事ができます。

 

過去にキャッシングやカードローン、高額な買い物ローンやクレジットカードの支払いなどがある場合、5年以内であればその返済状況などを確認できます。

 

最後まで、延滞する事なく完済している事が確認できれば、その人の信頼度はアップします。

 

逆に何度か返済が遅れていたり、最悪の場合は多重債務で自己破産をしていたり。そこまで悪質なものになると履歴は10年残ります。

 

履歴が綺麗な状態であれば、今後も同じように最後まで責任を持って支払いをしてくれるという信頼に繋がります。