キャッシングの審査に通るコツはあるのでしょうか?

キャッシングの申込をする際、一番気になるのは審査ではないでしょうか。

この審査内容は公開されていないので、相手に任せるしかないと思われがちですが、金融機関が何を重視しているかを知ることで対策を打つことができます。

 

銀行の収益は利息収入なので、収入が多いローンを重視していると考えている人が多いようです。

 

確かに間違っていませんが、それ以上に金融機関は貸金の回収可能性を重視しています。

 

要するに「この人はお金を確実に返済してくれるだろうか」という点をチェックしているのです。

 

そのため、一般的な思われている以上に、信用情報機関からの過去の信用情報を審査では重視しています。

 

クレジットカードなどの支払状況は毎月チェックされており、支払が遅れるだけで、信用情報に履歴が残ります。

 

また、利用残高や利用方法も登録されているため、リボ払いの残高が限度額いっぱいだということもわかってしまうのです。

 

カードローンが原因で自己破産などの債務整理に追い込まれたという話を聞きますが、その遠因としてクレジットカードのリボ払いがあります。

 

リボ払いを選ぶと毎月の支払額は楽な金額に設定できるので、難しくないように感じるかもしれませんが、いつまで経っても支払いが終わらないので大変です。

 

リボ払いの支払がきつくなってきたため、クレジットカードの月々の支払をカードローンで補おうと考えているのです。

 

しかし、このような事例は少なくないため、審査ではかなり厳しい判定がされます。

 

消費者金融の総量規制にはリボ払い残高は関係ないじゃないかと思われるかもしれませんが、リボ払いが多い人は審査で落とされる可能性が高いです。

 

以上の話をまとめると「日頃の心がけ」が大切だという結論に達します。

 

支払べきものは期日通り支払い、リボ払いのような支払の繰延は最低限にするというだけで審査でかなり有利になります。

 

これは、プロミスのように消費者金融だけではなく、三井住友銀行カードローンのような銀行系カードローンでも同じことです。

  • 2017/08/03 16:12:03