カードローンでの審査で嘘の申告をすると違法になる?

カードローンの審査に1度落ちてしまうと他社であっても同じ結果になることが多いです。

 

そこで2社目の審査では嘘を申告し、合格しようと考える人が一部に見られたようです。

 

基本的には消費者金融や信販会社、またはクレジットカード会社などは信用情報をしっかり共有しています。審査に通らない要素がすでに信用情報にあったとしたら、間違いなく2社目でも審査に落ちるでしょう。さらには申し込みをしたことも履歴として残ります。

 

だからといってやはり嘘の申告を行ってはいけません。

 

●嘘の申告はバレる?

嘘の申告で多いのが氏名や年齢、勤務先、年収、他社借入などの情報です。

 

しかしカードローン審査では運転免許証やパスポートなど、本人確認書類の提出を求めているため、氏名や年齢を偽ることができません。

 

カードローン審査では勤務先に在籍確認の電話連絡を行っており、勤務先も偽ることができません。

 

嘘の電話番号を申告しても在籍確認が取れなくなります。

 

アリバイ会社を利用し、在籍確認を取らせた場合も注意して下さい。

 

カードローン会社ではアリバイ会社のリストを作成していることがあるため、バレることがあるのです。

 

年収を偽っても年齢や勤務先である程度の推測ができるため、高く申告し過ぎるとバレてしまいます。

 

50万円以上の限度額を希望すると収入証明書類の提出が求められるために注意が必要です。

 

カードローンの審査では加盟している信用情報機関に照会をかけ、申し込み者の信用情報を確認しています。

 

この信用情報には借入残高の記録があるため、他社借入を偽ることができません。

 

●嘘の申告は違法になるの?

運転免許証を偽造すると有印公文書偽造罪に問われる可能性があります。

 

アリバイ会社を利用した嘘の契約も詐欺罪に問われる可能性があるのです。

 

詐欺罪は未遂でも処罰の対象となるため、出来心でも行ってはいけません。

 

●終わりに

勤続年数など偽ってもバレにくい情報はありますが、バレた時のリスクが大き過ぎます。

 

カードローン会社からの信用を失う事がなにより大きいデメリットです。そうなると他の金融業者に申し込むことも厳しくなっていくでしょう。そもそも勤続年数は信用情報機関などで調べればわかることです。

 

正直に申告するのが良いでしょう。例え勤続年数が短くても、また収入が少なくても、働いていて一定の収入があるのならば、そうそう審査に落ちることはないでしょう。

  • 2018/05/30 12:53:30