カードローン審査は転職直後でも通る?

転職して間もないとカードローンが設けている審査がなかなか通らないのか?

カードローンを利用したいと思っていても、転職直後だと審査がスムーズに通らないというのが噂となっています。

 

実情としてはどうなっているのかについて解説していきます。
カードローンを使う時にまず何といっても大切なのは『個人信用情報』『収入の安定性』となります。

 

つまり『利用者を信じて貸したけれどもきちんと返してくれるか』というのを見ているというわけです。

 

こういった流れは、消費者金融等の金融機関全てに共通してる要素で、詳細な判断基準についてはそれぞれ違っています。

 

ということは、転職直後であるような場合だと『収入の安定性』において少し評価が低く査定される可能性もあります。

 

何故ならやはり短い間に何度も転職を繰り返している人の場合だと、たとえ収入額が多くあっても『滞納の可能性あり』『収入が安定しない』という判断によって審査がスムーズに通らない事があるのです。

 

ただ、転職で雇用条件が好条件となったり年収が増えるのであれば、審査が通る場合もあります。

 

また、先述したようにカードローンの審査基準に関しては、金融会社毎に若干の違いがあります。当然ながら消費者金融系カードローンのほうが緩めだとされています。

 

もし転職した後でやむを得ずカードローンを使わねばならないという状況になったら、銀行系カードローンを選ばずに消費者金融系カードローンを選んで申し込んでみて下さい。

 

従来なら毎月きちんとした収入があり長期の勤務期間であれば審査も比較的スムーズに通りますが、基準となる審査内容としては収入・勤続年数以外にも居住年数・既婚独身といったように幾つかあります。

 

例を挙げると、以前勤めていた方が長期での職歴があり転職もほとんど行っていないなら少額融資という形で審査が通る場合があります。なお、『職歴の長さ』については最低1年となっています。

 

本来であれば職歴が2年〜3年のほうがいいのですが、どんなに短くても1年という職歴を持っていれば審査が通る場合もあるというわけです。

 

勤めている期間が長ければ長いほど『きちんとした収入がある』『安定した収入があるのだから滞納なく返済してくれる』と考えてもらえるので、勤続年数については通れるようにしておいて下さい。

 

転職直後であってもカードローンで決まっている審査をクリアするにはどうすればいいのか

カードローンというのは、転職直後の申し込みは自身にとって不利となるのは先に述べたとおりです。

 

ですが、生活環境によっては緊急にお金を要する事があり、やむなくカードローンを使わねばならないこともあります。

 

このようなケースでは、どうすれば一体カードローン審査を無事に通す事ができるのか気になりますよね。

 

ここでは、知っておくべき5項目について解説していきます。ぜひ参照して覚えておいて下さい。

 

@低額での借入希望額として申し込みをする

転職直後では高額の融資を受けようと思ってもかなり難しくなります。ですが比較的少ない5万円〜10万円くらいなら審査が通る場合があります。

 

自分が欲しいぶんだけの借入をすれば、計画的だと主張できますがそれ以外にもあります。

 

一部のカードローン会社にはなりますが、クレジットカードといったような別会社で利用した経歴に何の問題もなければ少額での融資をして相手の様子を伺って決める場合があります。

 

少額融資をしていれば、もし貸し倒れとなってしまってもカードローン会社としてはさほどの衝撃とはならないという関係性があるのです。

 

A働いているという経歴をどんなに短くても半年以上としておく

転職後2ヶ月〜3ヶ月くらいしか経っていない時は、『安定した収入であるか』の予想自体が出来なくなります。ですので半年以上働いているという経歴を作るようにして下さい。

 

ここで注意しておきたいのは、何度も過去に転職してる場合だと、およそ1年勤続していなければ勤務実績として評価されず、審査が通らない可能性があるという事です。
勤続年数及び職歴を見て勤務実績を作るようにして下さい。

 

B別の返済がある場合は滞らないよう注意しておく

カードローンの場合、審査をする時には個人信用情報というのを照らし合わせています。ここでは別の会社で使っているかどうかの情報がすぐにわかるので、もしひとつでも滞納しているという記録が出ればカードローン審査は通過できない事になります。

 

転職間もない頃に申し込みを行う場合は、別会社での支払いが滞らないようじゅうぶん注意してください。

 

C既によく利用している銀行のカードローンを使うか検討してみよう

公共料金引き落とし口座・給与振込口座として一ヶ所での銀行を使っているのであれば、その銀行でカードローンを使えないかをチェックしてみて下さい。

 

理由としては、カードローンの審査を通過させる際に銀行口座としての利用履歴がプラスとなる場合があるということです。いつも使っているのならお金に関する使い道がわかりやすくもなります。

 

これが完璧になるとは言えないですが、引落し日前にきちんと入金されて当日に落とされていれば『もし融資した場合でも遅れずに返済可能だろう』というように考えてもらいやすくなります。

 

D書類提出の際に給与明細等を追加しておく

銀行系カードローンであれば200万〜300万以下、信販系及び消費者金融系カードローンは50万円以下を限度額とすれば本人確認書類を出せば審査を行うことになります。

 

また、収入が安定しているかをチェックしたり先に挙げた借入額よりも多い金額となる時には所得証明関連の書類を提出することになります。

 

カードローンにおける規約には『転職直後は所得証明書の提出が必要』というものはないですが、審査に通るためには提出した方が有利に進むケースも多いです。

 

また、安定収入があるかどうかのきちんとした判断材料にもなるので、もしたとえ収入が少なくても、安定してれば問題ないのですから、なるべくなら提出して審査をスムーズにしたいものです。

 

もし自分で書類を出したいという場合は、申し込んだ時に収入がどれくらいあるかがひとめでわかる2ヶ月〜3ヶ月分の給与明細といった書類のほうがいいです。

 

転勤した勤め先が大企業となったり、正社員という雇用形態になった時といったように比較的審査する際に評価が高いものへと属性が変わった時には尚更、所得証明の書類を出した方が有利になるでしょう。

 

そうすれば、この先も収入が安定していくのだと考えるようになるので審査にも通りやすくもなります。

  • 2017/05/18 18:57:18