消費者金融から借りたお金の使い道は自由なんでしょうか?

消費者金融から借りたお金をどう使うか。

アコムやプロミスなどの有名な消費者金融のほぼすべてが、原則お金の使い道は自由としています。

この用途が自由であることは、消費者金融業者でお金を借りる場合の、利用者にとってのメリットの1つと言えます。

 

家族や知人に借金の相談をする場合・・・
当然お金を貸すのですから、何に使うのか、いつか返済できるのか等と当然聞かれると思いますが、その使い道の詳細はなかな言いずらい時もありますよね。

 

また、銀行からお金を借りる際には、金利が低めな分だけ、予め利用目的の制限があったり、さらにその使い道を銀行側に証明が必要なこともあります。

 

こういった煩わしさが一切ないのがアコムやプロミスの消費者金融です。

 

当然、銀行よりは少し金利が高めの設定にはなりますが、基本、フリーローンなので、借りたお金をどんなことに使おうと自由です。

 

では利用目的が自由な理由はなぜ?

消費者金融業者ではお金を貸した後、一切お金の使い道を調べることはありません。

 

稀に、借り入れ申し込み欄に、お金を何に使うのかを記入する欄がありますが、あくまでアンケート調査レベルですし、

 

交際費やレジャー費等といった曖昧な回答をしておいても全く問題ありません。

 

具体的に目的物の価格、購入場所、購入のための融資金額を示して、記入する必要はありません。問題がない理由は消費者金融業者の審査を少しでも簡素化するためです。

 

また、実際にお金を利用した目的を確認するためには、融資を行った後に追跡調査をしない限りは不可能なので、そこまで労力をかけられない、消費者金融業者では融資を受けるお金の利用目的は原則自由となっています。

 

フリーローンをする際、消費者金融業で認められていないお金の使い道とは?

消費者金融業から融資を受けたお金の使い道は原則自由ですが、どのような目的であっても利用できるわけではありません。

 

この一般的なフリーローンを契約した場合、その使い道としてNGになる内容は、事業資金です。

 

これは、自営業、個人事業主の人が融資を受ける場合などが該当します。

 

アコムやプロミスには自営者向け専用のカードローンがあります。こちらのほうが一般的なフリーローンよりも金利が低めで少し大きな金額まで借入できるので、事業資金を借りたい場合はこちらがおすすめになります。

 

もちろん事業資金としてお金を借りても詳しく何に使った等といった報告は一切する必要はありませんから、事業資金という名目でお金を借りても実際は交際費に使ってもなんら問題ありません。

 

まとめ

フリーローンは、個人向けの使い道自由なカードローン・キャッシング。

 

自営者カードローンは、個人事業主として一年以上営業してる人が借りれる低金利の事業資金向けローンになります。

  • 2017/07/10 17:14:10