RINやFINEで情報を共有されると申し込みにどう影響する?

クレジット会社やローン会社などでは、個人信用情報にて申込者の支払能力をチェックしています。

 

個人信用情報は国内に3つある信用情報機関で取り扱っていますが、情報によっては共有されているのです。

 

今回は情報を共有するためのCRIN(クリン)やFINE(ファイン)について紹介いたします。

 

○ CRIN(クリン)とは?

CRIN(クリン)は次の3つの信用情報機関で情報を共有するネットワークです。

 

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

CRIN(クリン)では、主に延滞情報や申告情報などが共有されています。

 

CICでの延滞情報であっても、JICCやKSC加盟のクレジット会社やローン会社がチェックできるということです。

 

延滞情報が個人信用情報に登録された場合、殆どのクレジット会社やローン会社の契約に悪影響が出ます。

 

○ FINE(ファイン)とは?

一方、FINE(ファイン)はCICとJICCで情報を共有するネットワークとなります。

 

KSCはFINE(ファイン)のネットワークに入っていません。

 

FINE(ファイン)では、個人信用情報や申込情報などが共有されています。

 

CRIN(クリン)より幅広い情報を共有しているのが、FINE(ファイン)の特徴です。

 

申込情報が共有される関係上、多重申し込みを行うとクレジット会社やローン会社の契約に悪影響が出やすくなります。

 

○ まとめ

別のクレジット会社やローン会社に申し込みしても、CRIN(クリン)やFINE(ファイン)によって、遅延情報や多重申し込みは分かってしまうのです。

 

きちんと収入を得ているのに中々申し込みしても合格しない方は、一度信用情報機関にて開示請求し、自分の個人信用情報を閲覧してみて下さい。