カードローンの利息はどのように決まる?

カードローンの金利は最初の契約額で決定し、その後は利用度合いによって更新されていきます。

 

10万円より50万円、100万円、200万円と契約額を多く、1年、2年と利用を続けキチンと返済すれば金利は下がっていきます。

 

カードローンの金利がどのように決まるのか、利息計算の仕組みとともに解説します。

 

・カードローンの金利は契約額で決まる

アコムの金利を見てみましょう。
501〜800万円 ⇒ 3.0%〜4.7%

 

301〜500万円 ⇒ 4.7%〜7.7%

 

100〜300万円 ⇒ 7.7%〜15.0%

 

1〜99万円 ⇒ 7.7%〜18.0%

 

アコムの金利は契約額が増えれば増えるほど金利が下がっていきますが、最初の契約で幅の上限が適用されます。

 

301万円以上の契約額をとると7.7%になりますが、総量規制の関係で900万円を超える年収が必要ですので殆どの方が対象外です。

 

アコムの金利は初めて利用するなら15.0~18.0%になります。

 

・長期間利用することによって金利は下がる

アコムの金利に7.7%~5.0%のように含みがあるのは、利用年月によって金利をサービスしていく仕組みだからです。

 

概ね利用から1年くらい経つと、金利が徐々に下がっていきます。

 

ただし、金利が下がるのを待つより繰り上げ返済して金利が発生しなくなるようにした方が得です。

 

あまり長期間で借りないようにしましょう。

 

・利息計算の仕組み

カードローンは借りたり返したりするので、イマイチ利息計算がわからなくなります。

 

カードローンの利息計算は、返済日に1日あたりの残高に金利を掛け合わせた金額が発生します。

 

借入利率17.8% 10万円を30日利用すると、1,463円利息が発生します。

 

途中で追加借入を行うと、そのぶんだけ日割りで利息が発生する仕組みです。

 

利息は日割り計算されますので、余ったお金はどんどん返済するようにしましょう。

 

発生する利息が少なくなっていきます。

  • 2019/06/13 11:41:13