カードローンの審査でスコアリングが重要だとされる理由は?

「スコアリング」とはどういうものか?

 

カードローンの審査という事はわかっているものの具体的な評価基準、知識、手法について解説されている事は少なくなっています。

 

「スコアリング」でどんな評価基準となっているのか、そしてその手法について解説します。

 

・「スコアリング」はどの様な評価基準になっているか

 

「スコアリング」の評価基準は『総得点制』です。

 

例えば、
@年収

 

A勤務先の雇用形態

 

B借入先件数

 

C借入総額

 

D勤続年数

 

D家族構成

 

E自宅電話の有無・・・他
など、色々な情報を申し込みの際に申告させ、そのそれぞれの項目で得点をコンピューターで算出します。

 

『年収40点、勤務先の雇用形態 60点・・・・・総得点は180点だから、審査合格だな』と言ったような評価基準になっています。

 

・それぞれの項目で重要度が違う

「スコアリング」では色々な項目で加点を行う手法になっていますが、全ての項目が同じ点数を割り振られているのでありません。

 

年収、雇用形態、借入先件数、借入総額、勤続年数など重要そうな項目の点数は高く、自宅電話の有無などイマイチ関係なさそうな項目は低くなっています。

 

・「スコアリング」を良くするために出来る事

「スコアリング」を良くしたいからと言って、勤務先を変えるのは大変ですよね。

 

重要項目の中で唯一簡単に良化させることが出来るのは、『借入先件数』を減らす事です。

 

おまとめローンや余裕がある金融機関から借りて、残高が少ない先を完済しカード解約をしましょう。

 

「スコアリング」の点数が上がります。

 

「スコアリング」はカードローン審査の登竜門です。

 

ここをクリアしないと契約、そして借入れまで通過しませんので、一番気合いを入れて挑んでください。