キャッシング・カードローン申込みで職業はどう影響する?

キャッシング・カードローンは、職業における関連性は大きいと指摘されます。

 

職業はどの程度契約で影響してくるのでしょうか。ご自身がどの職業に就いているか、出来れば契約までがスムーズに進んでほしいものです。契約の基準というのはよくわからないものですが、少しでも知っておくと安心です。

 

キャッシング・カードローン契約における職業の関連性について解説します。

 

・キャッシング・カードローンの契約は職業の安定感重視

キャッシング・カードローンの契約において重要視されるのは、職業の安定感です。

 

職業の安定感は大まかに、

 

◆公務員
◆上場企業の正社員
◆非上場企業の正社員
◆契約社員
◆派遣社員
◆その他

 

といった順にランク付けされます。

 

自営業者は収入が多くても安定感がないと思われ、キャッシング・カードローンではかなり不利を強いられるでしょう。

 

・契約基準で職業はいつ見られる?

キャッシング・カードローンでの対象職業は、申し込んだ時に査定されます。

 

最初の申込み内容で状態を点数化し、合格基準に到達していれば問題ありません。

 

職業の安定感と共に年収などの稼ぎも合格基準では重要な項目となります。

 

・職業以外に重要な事

職業は申込みにおいて大きなウェイトを持っていますが、それと同じくらい重要視されるのは借入先件数になります。

 

キャッシング・カードローンを受ける時は借入先件数を絞るといいでしょう。

 

職業は容易く変えることはできませんが、借入先件数は借り換えなどで比較的絞ることは可能です。

 

職業のキャッシング・カードローンに与える影響はとても大きくなります。

 

重要な項目ですので、キチンと入力しましょう。